2013年のニュース

先進国における子どもの幸福度:日本との比較が発表されました

 ユニセフと国立社会保障・人口問題研究所による「先進国における子どもの幸福度―日本との比較 特別編集版」が2013年12月に発表されました。これはユニセフ・イノチェンティセンターが4月に公表した「レポートカード11 先進国における子どもの幸福度 (Child Well-being in rich countries)に国立社会保障・人口問題研究所が対応する日本のデータを追加して「特別編集版」として発表したものです。前回2007年以来6年ぶりの総合的データです。「物質的豊かさ」「健康と安全」「教育」「日常生活上のリスク」「住居と環境」の5分野について、31カ国と比較されています。中でも「物質的豊かさ」で日本は31カ国中21位であり、子どもの貧困の問題が大きくなりつつあることが指摘されています。

 

レポートの詳細はこちらをご覧ください。

 

子どもの権利に関する世界の比較指数が発表されました

 子どもの権利財団による最新の調査結果が2013年11月19日に発表されました。1.生活、2.健康、3.教育、4.保護、5.子どもの権利に関する社会状況、の5分野について、23項目から165カ国の子どもの状態を比較しています。総合評価ではポルトガル、オランダ、ノルウェイが上位3位となり、アジアではタイ、マレーシア、シンガポールが18位、19位、21位に並んでいます。

 日本は35位。1.生活は9位、2.健康は7位、4.保護は6位、と上位であるものの、3.教育が33位、5.子どもの権利に関する社会状況については90位と、生活環境は良好であるものの子どもの権利に関する社会的な合意形成がまだまだであることがネックになっているようです。

 

詳細は海外ニュースをご覧ください。

 

チャイルド・イン・ザ・シティの参加申し込みが開始されました

”子どもにやさしいまち”に関する世界の二大ネットワークのうちの一つが私たちの”Child Friendly City Asia-Pacific Network”ですが、もう一つがヨーロッパの”Europian Network of Child Friendly Cities”です。私たちと同じく隔年で国際会議(チャイルド・イン・ザ・シティ)を開催しているので、アジア・パシフィックとヨーロッパで交互に毎年会議が開催されるようになっています。第7回目となる次回は2014年9月29日(月)~10月1日(水)にデンマークのオーデンセ市で開催されます。現在、発表者を募集しています。発表登録の締め切りは2014年1月31日です。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

こどもがつくるまち全国サミットinさいたまが開催されました

2013年11月16日(土)-17日(日)に埼玉県大宮市の大宮ソニックシティで開催されました。”こどものまち”の発祥地ドイツ・ミュンヘンで”ミニ・ミュンヘン”を主催しているゲルト・グリュナイスルさんもゲストで参加し、日本の主催者たちと交流を深めました。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

ニュースレター2013年夏号が届きました

詳細は海外ニュースをご覧ください。

 

第3回CFAP会議(2013年6月27-29日、ネパール・カトマンズ)無事終了しました!

日本から参加の2名を含め、16カ国から約200名の参加者を迎えて、無事全日程を終了しました。

会議で採択されたカトマンズ宣言は準備ができ次第お知らせします。第4回CFAP国際会議は、2015年にオーストラリアで開催の予定です。

 

カトマンズでは6月27-29日に第三回国際会議が開催されています。

第3回CFAP国際会議(2013年・ネパール)のWebページがアップされました

ヨーロッパネットワークからニュースレターが届きました

詳細は海外ニュースをご覧ください。

 

第3回国際会議(2013年・ネパール)の日程が決まりました!

第3回アジアーパシフィックネットワーク国際会議は、2013年7月1日(月)-3日(水)にネパールのカトマンズ・パークビレッジで開催されます。(会議言語:英語)

 

分科会テーマ(予定)は

1. 子どもにやさしいまちの地方自治(CFLG)
2. 子どもの保護と信任
3. 子どもにやさしい学びの枠組み
4. 子どもの健康、幸福と持続可能性

 

です。現在、発表者と参加者を募集中です。

 

発表を希望される方は、連絡先、タイトル(20語)、要約(700語)を実行委員長のマローン教授(k.malone@uws.edu.au)までお送りください。その後採用の可否をお知らせします。最終原稿の提出は2013年3月30日です。

 

参加費

ホテル・会議中のランチ、公式ディナー付(早割)650米ドル/人

ホテルなし・会議中のランチ、公式ディナー付(早割)500米ドル/人

 

ホテル・会議中のランチ、公式ディナー付(通常)750米ドル/人

ホテルなし・会議中のランチ、公式ディナー付(通常)600米ドル/人